ドラレコとモバイルバッテリーで駐車時録画する方法!

車関連グッズ
スポンサーリンク
今回は”ドライブレコーダーとモバイルバッテリーを組み合わせて駐車時監視する方法”について記事にしましたのでご興味がある方はぜひ参考にして下さい♪
スポンサーリンク

はじめに ヒューズボックスから電源を取るのはダメ?

”長時間の駐車時録画機能”が付いているドライブレコーダーは全て、ヒューズボックスから電源を確保して”車のバッテリーがやばくなる前に自動的に通電がOFFになるシステム”が備わっています。
なので、「バッテリー上がりにもならないし大丈夫♪」って思うかもしれませんが、私はこれをあまり信用していません笑

そもそもバッテリーって常にMAXに近い状態でいて欲しくないですか?笑
iPhoneですらバッテリーの残りが20%ぐらい残ってても急に電源落ちたりしますし、車に関してはiPhone以上に”バッテリーの自然放電”が大きいので、凄い不安です。

しかもヒューズボックスから電源を取る場合は抜き差しが容易ではないので、一回設置したら車を買い替えるまでそのままだと思います。なので、”自宅の安全な駐車場に停めていても常にバッテリーが消費されまくってしまう”という事です。
iPhoneで表すと”常に動画撮りっぱなしの状態で充電が20%になったらストップ”というのを毎日行っているようなものです。バッテリー、可哀そうですよね笑

なので、私は”ドライブレコーダーとモバイルバッテリーの組み合わせの方が良いんじゃないかなー”と思っております。

モバイルバッテリーではなくジャンプスターターを使う!

上述でモバイルバッテリーを推してきましたが、”モバイルバッテリー”ではなく”ジャンプスターター”を使うのが更におすすめです!

理由は以下の通りです。

①ジャンプスターターとしても使える
→いざという時に大活躍します。特に電装系が弱いと言われている輸入車に関してはジャンプスターターの携帯は必須だと思います。

②容量が一般的なモバイルバッテリーよりも大きい
→録画をするので結構なバッテリーを消費します。スマホ充電1回分の容量では足りません。
③モバイルバッテリーよりも車内環境に適している
→ジャンプスターターは”車内に置いておく用”に作られているので安心です。モバイルバッテリーの場合、炎天下の車内での発火も懸念されます。

なので、”ジャンプスターターとドライブレコーダーの組み合わせ”をおすすめします!

スポンサーリンク

必要なもの

①ジャンプスターター
②ドライブレコーダー
③USBとシガーソケットの変換ケーブル

の3点です!

①ジャンプスターター

②ドライブレコーダー

ケンウッドDRV-320で間違いないです。
こちらも以前記事にしましたので良かったら参考にして下さい♪→私が使用しているドライブレコーダー!

使い方

1.  ”ジャンプスターターのUSBポート”に”USBとシガーの変換ケーブル”を刺します。

2. ”ドラレコ”と”USBとシガーの変換ケーブル”を繋ぎます。
3. 下記の①の電源を”ON”にして②のボタンを押します。
4. 完了です!
10秒でできますね♪

まとめ

・ヒューズからドラレコに電気を供給すると車のバッテリーに影響があるかもしれない
・ジャンプスターターとドラレコの組み合わせが最強
・車のバッテリーの負担ゼロで駐車時録画が10秒でできる

以上、ご参考になれば幸いです♪

スポンサーリンク
車関連グッズ
スポンサーリンク
S.C.B.