【2019年版】私が使用しているドライブレコーダー!

車関連グッズ
スポンサーリンク
この記事カテゴリーでは、
私が実際にポルシェ987ケイマンで使用しているおすすめ車関連グッズを紹介していきます!
 
今回はドライブレコーダーです!煽り運転や当て逃げ対策で話題ですね!
スポンサーリンク

ケンウッド DRV-320です!

”日本製”だからです!
ドライブレコーダーはフロントガラスに取り付ける精密機器なので、直射日光に強く、湿気や寒さにも耐えられる必要があります。そうなると安心の日本製が第一選択になるかと思います。

購入した理由 その2

”小さくて邪魔にならない”からです。
フロントガラスに取り付けるので、1cm³大きいだけでもかなり気になります。
このドライブレコーダーはかなり小さいので、その点も良いなと思いました。

購入した理由 その3

”必要最低限の性能が全部備わっている”からです!
 
【画質に関して】
このドライブレコーダーは、”ナンバープレートがばっちり確認できるレベルの高画質”で、更に”飛び防止機能”もついています。なので、事故の証拠映像としては全く不自由がありませんし、むしろこれ以上の画質の必要もありません。
 
【録画に関して】
SDカードの容量がいっぱいになると、自動的に古い映像から上書きされていきます。なので”事故の瞬間が撮れていない”という心配がありません。
 
【駐車時録画に関して】
このドライブレコーダーはバッテリーが内蔵されており、”エンジン停止後も最大25分間録画する事が可能”です。なので、コンビニやS.Aに寄るぐらいなら内蔵バッテリーで駐車時録画してくれるので非常に安心です!
”25分”という駐車時録画の時間は短く感じるかもしれませんが、そもそも”駐車時に常時録画”するためにはどんなドライブレコーダーであっても”モバイルバッテリーにつなぐ”か、”車の常時電源につなぐ”必要があります。モバイルバッテリーに毎回繋ぐのは少々面倒ですし、車の常時電源に繋いでおくと車のバッテリーの劣化が心配です(ほとんどの機種は車のバッテリーが落ちる前にドラレコの録画を止めるシステムがついていますが、毎日それが繰り返されるわけなので劣化は避けられません!)。

なので、”25分”という短い時間であってもバッテリーが内蔵されている事には大きな意味があり、長時間車から離れる場合にのみモバイルバッテリーに繋げば良いので、あると無いとでは大違いです!

実際に使用してみて

幸いまだ事故にはあってませんが、ドラレコ本体が特に目障りな感じもありませんし、画質も十分すぎるほど綺麗です。また、エンジン停止後にちゃんと”駐車時録画モード”に入るのを目視で確認できるので安心できます。

ちなみに私は上述の通りヒューズボックスからの常時電源での使用ではなく、シガーソケットからの電源で使用しています。長時間車を離れる場合は、モバイルバッテリーにすぐに繋ぎ変える事が可能ですし、車のバッテリー上がりの心配もないです。

ケンウッド DRV-320 おすすめです!

ご興味持たれた方はリンク貼っておきましたので宜しければどうぞ♪

駐車時録画に関しての補足

”モバイルバッテリー(ジャンプスターター)”とこの”ドライブレコーダー”を繋いで、駐車時録画をする方法について記事を作成したので良かったら見てください♪
スポンサーリンク
車関連グッズ
スポンサーリンク
S.C.B.