箱崎PAと大黒PAと辰巳PAを周回するルートの覚え方!

車で行きたいカフェ・レストラン・道
スポンサーリンク

新型コロナウイルスのせいでドライブに行ける場所が全然ない!という事で、昨今、首都高を爆速で周回するルーレット族が増えているようです。爆速で周回するのはさぞかし楽しいでしょうが、普通の速度でぐるぐるしてみても意外と楽しいものです。
ただ、一度挑戦してみた事がある方はご存知の通り、周回ルートを覚えるのは意外と複雑で難しいです。。丁寧に周回ルートを解説してくれているサイトも多々ありますが、私自身、そういったサイトを見て予習をしていっても間違えてしまった事が過去にあり、もっと簡単でわかりやすく解説できないかと考え、本記事の作成に至りました。宜しければ参考にしてみて下さい♪

スポンサーリンク

はじめに 首都高ドライバーズサイトが便利

下記に提示する全ての画像は下記URLの首都高ドライバーズサイト様から拝借させて頂いております。こちらは首都高速道路株式会社様が運営されているサイトなので、一番正確で一番詳細に首都高の情報が載せられております。
首都高ドライバーズサイト:https://www.shutoko.jp/

特に、各々のJCT(ジャンクション)の図を拡大できる下記URLはめちゃくちゃ便利です♪
https://www.shutoko.jp/use/network/jct/

上りとか下りとか○号線とかよくわからん

上りは東京都心に向かう方で下りはその逆ですが、首都高だと入り乱れすぎてて正直よくわかんないですよね笑

また、「○号線は何線なのか」についても最初は覚えなくても良いと思います。よく使う線はその内勝手に覚えますし、知らなくても周回できますので、追々で問題ないと思います。

ただ、”B”=”湾岸線”である事だけは重要なので覚えておいて下さい!

辰巳PAと大黒PAを周回できれば十分

 首都高を周回するルートはたくさんありますが、車好きなら辰巳PAと大黒PAにさえ立ち寄れればOKみたいなところがあると思いますので(偏見)、その2つを通る周回ルートを今回はご紹介します。なお、今回ご紹介するルートを応用して、今後お好きなルートを見つけて頂けると幸いです。

スポンサーリンク

まずは箱崎ロータリーを攻略

スタート地点をどこに置くかによってルートの考え方は大きく変わってくるので、どこからでも(上り下り関係なく)アクセス可能な箱崎PAを今回は出発地点と致します。まずはお住まいの地域から箱崎PAを目指してみて下さい。
ちなみにYahoo!カーナビで「箱崎PA」と検索すれば「箱崎PA(上り)(首都高速6号向島線)、箱崎PA(上り)(首都高速9号深川線)」と出てきますが、これはどちらでもOKです。

箱崎ロータリーは下記キャプチャのように、6号線上り(青矢印)、6号線下り(黄矢印)、9号線上り(赤矢印)から進入する事が可能で、6号線上り(橙矢印)、6号線下り(桃矢印)、9号線下り(紫矢印)へ進出する事が可能です。

ただ、この箱崎ロータリーかつ箱崎PAに行くのが実は結構難関です。
普通は分岐点の看板に”PA”とか”P”など書いてあるものですが、箱崎にはそれが全くありません笑
それどころか、”箱崎JCT””箱崎ロータリー”なども看板には書いてなく、”箱崎出口”と書いてある方向に進む必要があります。。

「箱崎出口!?じゃあPAはこの先か・・・?」と思い込んでついつい通り過ぎがちですが、勇気を持って進むと箱崎ロータリーが現れるという隠しステージ的な仕様になっています(これは事前に調べないと絶対に分からない笑)。

First step: 箱崎PA~大黒PA

これは間違えないと思います!


①箱崎PAを出て、9号線下り(紫矢印)方面から出る
②辰巳JCT:「【B】横浜」方面
③東雲JCT:「【B】横浜」方面
④有明JCT:「【B】空港中央」方面
⑤大井JCT:「【B】空港中央」方面
⑥東海JCT:「【B】空港中央」方面
⑦川崎浮島JCT:「【B】横浜」方面
⑧大黒JCT:「大黒ふ頭出口」方面
⑨Pの方向に進む
⑩大黒PA到着

と、一応つらつら記載しましたが、下記だけ覚えておけばOKです。

★覚えておくこと
・箱崎PAは9号線下り方面に出る(信号のところ左)
・大黒JCTまで【B】と書いてる方向に進む
・大黒JCTで大黒ふ頭出口方面に進む

これだけでOKです!

Second step:大黒PA~辰巳PA

大黒PAで休憩し、下記のルートを確認して出発しましょう♪

①大黒PAを出て、「【B】横浜公園」方面に進む
②本牧JCT:「【B】横浜公園」方面に進む
③石川町JCT:「羽田・【B】横浜公園出口」方面に進む
④金港JCT:「羽田」方面に進む
⑤生麦JCT:「羽田」方面に進む(※【B】方面に進むと再度大黒PAに行けます)
⑥大師JCT:【B】方面
⑦川崎浮島JCT:「【B】東京」方面
⑧大井JCT:【B】方面
⑨有明JCT:【B】方面
⑩東雲JCT:【B】方面
⑪辰巳JCT:「【9】箱崎」方面
⑫辰巳PA到着

こちらも一応つらつら記載しましたが、下記だけ覚えればOKです。

★覚えておくこと
・大黒PAを出たらひたすら”横浜公園方面”に進む
・石川町JCT以降はひたすら”羽田方面”に進む(石川町JCTというJCTの名前を覚えておく)
・大師JCT以降はひたすら”【B】:湾岸線方面”に進む(大師JCTというJCTの名前は覚えておく)
・辰巳JCTで”箱崎方面”に分岐(辰巳JCTというJCTの名前を覚えておく)

Third step: 辰巳PA~箱崎PA

①辰巳PAを出る
②箱崎出口方面に分岐
③箱崎PA到着

このStepはわざわざ記載する必要もないかと思いましたが、一応記載しておきました。
重要な点は以下1点のみです!

★覚えるべきこと
・上述の通り、箱崎PAに行くには箱崎出口方面に勇気を持って進む

スポンサーリンク

おまけ:箱崎PA~

最初に乗った高速道路の入口の次の高速道路の出口(上図の青または緑三角の次の赤または黄三角)で降りれば、最低料金の300円もしくは310円等でこのルートを何回でも周回できます。

例1)有明から乗った場合(→新木場で降りる)

箱崎PA→9号線下り方面出口(紫矢印)→辰巳JCT:東関東道方面→新木場出口

例2)台場で乗った場合(→芝公園で降りる)

箱崎PA→9号線下り方面出口(紫矢印)→辰巳JCT:【B】横浜方面→有明JCT:銀座方面→浜崎橋JCT:芝公園方面→芝公園出口

上記の例はかなり簡単な例ですが、他にもC1とC2を駆使すれば多くの場所でこの技を使う事ができると思います。ただ、この技を使えない場所もあるので、事前に調べておくことをオススメします。

スポンサーリンク

まとめ

このルートであれば、箱崎PAに着いたら一度休憩して大黒PAまでのルートを確認すれば良いですし、大黒PAについたら辰巳PAまでのルートを確認すれば良いので、全てのルートを同時に暗記する必要がありません。なので、そんなに予習していかなくても意外とすんなりいけちゃうと思います♪

また、首都高周回は日中は混むので夜の方がおすすめですが、最近は20時もしくは21時以降にこれらのPAが閉鎖される事がしばしばあるので、出発前に閉鎖状況について調べておく事をおすすめします。特に大黒PAが閉まっていると焦ると思うのでご注意下さい。

それでは、安全運転で楽しい首都高ぐるぐるライフを堪能してみて下さい(^^)